御社の廃棄物処理、見直してみませんか?

御社の廃棄物処理、見直してみませんか?

2012年もスタートしました。21世紀が始まったのがほんの少し昔のことのように思えますが、すでにもう10年以上が経過しています。

インターネットが一般に広く普及して10年ほどになりますが、当時と比べれば通信速度やIT技術も格段に上昇し、かつては難しかったことが今はできて当たり前となっています。しかしインターネット技術に限らず、廃棄物のリサイクル業界でも同じことが言えます。今こうしている間にも日々様々なリサイクル技術が新しく開発され「進化」しています。

チューサイにおけるリサイクル技術進化の一例・そのメリット

チューサイにおいても、焼却処分や破砕後埋め立て処分等の最終処分しかされていなかった実に様々な廃棄物が「リサイクル可能な廃棄物」に続々「進化」しています。

たとえば廃プラスチック・古紙・段ボールがチューサイの設備によりサーマルリサイクルされ、固形燃料になっています。分別不能な雑多な混合廃棄物もリサイクル可能な廃棄物へ進化させられるようになっています。またチューサイのグループ会社であるエコライフアシストではこれまで焼却処分されていた食べ残しや生ごみも、新たな設備投資により肥料化リサイクルが可能になりました。ほかにも意外なものが実はリサイクルできるようになってきています。

進化・続々

この「進化」には「リサイクル率の向上」はもちろん、リサイクルできることによる「廃棄物処分のコスト削減」という大きなメリットがあります。

日々進化するリサイクル技術

このように、これまでは「リサイクルするには手間がかかるなど、結局は最終処分」するしかなかった廃棄物が技術革新により「リサイクル可能」な廃棄物に変わるということは実はよくあることです。

廃棄物のリサイクル技術は10年前とは比べ物にならないほど進化しています。技術進化に合わせ、より多くの廃棄物に対応できるようリサイクル効率の高い設備を導入したり、提携企業を増やしたりと、より多くのリサイクルに対応できるよう「進化」しています。

御社の廃棄物処理は「進化」についていけていますか?新しい年の始まりに、ぜひ一度自社の廃棄物処理を見直してみませんか。チューサイではよりよい廃棄物処理・リサイクルについて、自信を持って様々なご提案が可能です。まずはお気軽にご相談から始めましょう!