排出事業者が負うべき責務と処理責任

排出事業者が負うべき責務と処理責任

排出事業者が負うべき責務とは?

「排出事業者」は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(通称:廃棄物処理法)においてどのような責務を負うべきとされているか、ご存知ですか?廃棄物処理法・第3条には次のように記されています。

  • 事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物自らの責任において適正に処理しなければならない。

排出事業者が事業活動に伴い生じた廃棄物といえば産業廃棄物である、と思いがちですが、廃棄物処理法では「廃棄物」としか書かれていません。これは一般廃棄物にも処分に対し責任を持たなければならない、ということになります。そしてこの後は・・・

  • 事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物の再生利用等を行うことによりその減量に努めるとともに、物の製造、加工、販売等に際して、その製品、容器等が廃棄物となつた場合における処理の困難性についてあらかじめ自ら評価し、適正な処理が困難にならないような製品、容器等の開発を行うこと、その製品、容器等に係る廃棄物の適正な処理の方法についての情報を提供すること等により、その製品、容器等が廃棄物となつた場合においてその適正な処理が困難になることのないようにしなければならない。
  • 事業者は、前二項に定めるもののほか、廃棄物の減量その他その適正な処理の確保等に関し国及び地方公共団体の施策に協力しなければならない。

・・・と続きます。排出事業者はその活動で発生する産業・一般廃棄物を責任をもって適正に処理しなければならず、また可能な限り排出を抑え、そしてリサイクルがしやすい製品を作る必要がある、ということになります。この廃棄物処理法第3条から、排出事業者は一般の家庭とは比べ物にならないほどの責務を背負っています。

排出事業者の処理責任とは?

また、排出事業者は廃棄物処理法第11条・12条により、これらの廃棄物を「排出事業者自ら適正に処分」することが義務付けられています。しかしほとんどの排出事業者では処分をチューサイのような廃棄物処分業者に委託していることと思います。こうした場合でも同法によりきっちりと処分についての約束事を定めています。

たとえば「きちんと行政から許可を受けている業者」「処分できる廃棄物の種類・破砕や焼却といった処分の方法」そして「マニフェストの交付」がありますね。

ある日突然措置命令が課せられてしまう事例も

しかしこうした基準をすべてちゃんと守っていても、ある日突然行政から「措置命令」が課せられてしまう事があります。

同法には排出事業者に「廃棄物の発生から最終処分までの一連の行程において、適正にすべて行われているか、そのための必要な措置を講ずる注意義務」が定められています。これをしっかりやっておかないと、委託先で万が一不法投棄をされた場合、排出事業者に責任があるため撤去を命じられたり企業名も公表されてしまう事態になってしまいます。

信頼のチューサイに安心してお任せください!

チューサイでは安心して委託していただけます。

  • 適正な委託業者の選択 のために・・・
    • チューサイではISO14001及び27001認証を取得し、社内のルールに従って搬入された廃棄物をきちんと管理しています。
  • 廃棄物処理法に定める委託基準の遵守 のために・・・
    • チューサイと排出事業者様との間で廃棄物処分の委託契約を文書にて締結しています。また、廃棄物処分業許可や収集運搬業許可についても有効期限や許可の内容をホームページ上でもきちんと表示し、更新も行っております。
  • マニフェストによる処理確認 のために・・・
    • これまでの複写式マニフェストだけでなく、電子マニフェストにも完全対応しております。
  • 委託先事業者の定期調査 のために・・・
    • 廃棄物の処理現場を実際にじっくりとチェックしていただける工場見学会を定期的に開催しています。

チューサイは安心して廃棄物の処分を任せられる産業廃棄物処分業者であり続けます。

メールでのお問い合わせにつきましてはお問い合わせページよりお気軽にどうぞ!