ごみになるものは買わない・4つめのR

新しい「R」 ごみになるものは買わない・4つめのR

今回は「4R」について特集します。

まずは「3R」の確認から!

今やすっかり常識となった感のある「3R」。3Rとは、

  • ごみを減量する「リデュース」
  • 再利用する「リユース」
  • 再生利用する「リサイクル」

……の頭文字から来ていることはみなさんご存じかと思います。

最近話題の「4R」とは?

しかし最近ではこの3Rにもう一つ「R」が入った「4R」も広まりつつあることはご存知ですか?4Rは上記の3Rに

  • 購入を拒否する「リフュース」

を追加したものです。ごみを減らすリデュースの前に、ごみになるようなものをまずは買わないことから環境に配慮する、ということですね。

ちなみに4つめがリフュースなのは日本独自で、欧米では4Rといえば、4つ目には修理して使う「リペア」を追加します。欧米では家電などを修理して使うことが一般的という文化がこうしたところに出ているようです。

静岡市版「もったいない運動」展開中!

また静岡市では静岡版「もったいない運動」を行っており、4Rを意識したライフスタイルを心掛けることを呼びかけています。この運動では静岡市民一人一日あたりのごみ総排出量を平成26年までに1,080グラム(平成20年度実績・1,156グラム)まで減量する目標を掲げています。静岡市以外の方もぜひこの4Rを意識して、ごみの減量に努めましょう。