アースプロテクションセンター第一工場の花壇の秘密

チューサイ・アースプロテクションセンター第一工場の花壇の秘密

今回は「チューサイ・アースプロテクションセンター第一工場の花壇の秘密」について特集します。

EPセンターの花壇

10月から稼働を開始したチューサイの新工場・アースプロテクションセンター第一工場。EP第二工場とは別の選別方法により、これまで出来なかった廃棄物もRPFとしてリサイクル可能になるなど、順調に稼働しております。

こちらのEP第一工場に最近「花壇」ができたことはご存知ですか? 駐車場フェンスの外側・交差点の前で、EP第一工場の敷地内ではありますが敷地外からよく見える場所にあります。一本一本心をこめてチューサイスタッフがお花を植えました。

植栽の様子と花壇

花壇のエコロジーな秘密

実はこの花壇には、廃棄物のリサイクル業者・チューサイグループならではのちょっとした秘密があるのです。この花壇に使われている、実はこの土にはチューサイのグループ会社であるエコライフアシストリサイクル肥料も使われています。

エコライフアシストでは焼津市高柳にリサイクルセンターを持っており、二基のリサイクル施設が稼働しています。こちらでは一般廃棄物の生ごみや産業廃棄物の汚泥・動植物性残さ・廃酸・廃アルカリを微生物の力で発酵させ、肥料にリサイクルしています。

EP第一工場の花壇の土には、もともと食べ残しや食品廃棄物だったものをリサイクルして作られたエコロジーな肥料も一緒に使われています。一目見ただけではリサイクル肥料が入っているとはとても気が付かないと思います。チューサイEP第一工場にお越しの際はぜひこの花壇をご覧ください。