事業継続計画で災害に強い企業を目指す

企業の防災 事業継続計画で災害に強い企業を目指す

9月1日は「防災の日」です。東日本大震災の後、企業の防災対策として注目されている言葉が「BCP」です。これは「事業継続計画」の事で、企業が大地震や大火災、自然災害やテロなどの緊急事態に遭った場合に、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続・早期復旧を可能とするために平常時に行うべき活動・緊急時での事業継続のための方法や手段を取り決めておく計画の事です。

今月はこのBCPについて特集します。

東日本大震災発生時は、中小企業の多くが貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで廃業に追い込まれました。被災の影響が少なかった企業においても復旧が遅れたことで自社の製品やサービスが供給できず、結果顧客が離れ、事業を縮小し従業員を解雇しなければならない事態も多くみられました。

日本経済の根底を支えている中小企業だからこそ、こうした「企業の防災対策・BCP」が重要となってきます。中小企業のBCPで特に重視したい点が以下の4つです。

  • 企業同士で助け合う
  • 緊急時であっても商取引上のモラルを守る
  • 地域を大切にする
  • 公的支援制度を活用する

この4点を重視することで、東日本大震災規模の災害に見舞われたとしても早期にかつ正常な事業の継続・復旧が可能になります。9月は防災月間としてこのBCP・事業継続計画についてぜひご一考下さい。