軽自動車・原付等の自動車税が4月から変更!

税率変更!軽自動車・原付等の自動車税が4月から変更!

皆さんは車を持っていますか?自動車を所有していると自動車税を毎年納める必要があります。税率が安く重宝されている軽自動車ですが、税率が平成27年4月から変更が予定されています。

変更される車種の対象は?

四輪・三輪の軽自動車での変更対象は、平成27年4月1日以降に「最初の新規検査(今まで車両番号指定を受けたことのない軽自動車を新しく使用する際に受ける検査)を受けた車両」です。

また、原付自動車・二輪・小型特殊自動車についても税率が変更されます。こちらは登録されている対象の車種全てに平成27年度から新税率が適用となります。

変更される税率

主な車両の税率については下の表を参照ください。

主な車両の税率(年額)
車種・車種区分 旧税率 新税率
四輪以上の軽乗用自動車(自家用) 7,200円 10,800円
四輪以上の軽乗用自動車(営業用) 5,500円 6,900円
四輪以上の軽貨物自動車(営業用) 3,000円 3,800円
原付(50cc以下) 1,000円 2,000円
原付(50cc以上90cc以下) 1,200円 2,000円
原付(90cc以上125cc以下) 1,600円 2,400円

自家用の四輪軽自動車を見ると、これまで7,200円だったものが1万800円と、3,600円アップとなり、5割分高くなっています。普通車に比べればまだ半額以下ではありますが、家計に多少なりとも負担になるのは避けられないでしょう。

原付等については登録済みの車両すべてが対象なので、ぜひ一度車庫や駐輪場を確認し、まったく乗っていない車両があるようなら売却や廃車して賢く増税に備えましょう。また、出来る限り自家用車に頼らず、公共交通機関を使えば納税もなく、さらにエコロジーですね。