静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例の改正

優良認定業者増加へ・静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例の改正

静岡県では産業廃棄物の適正な処理に関する条例があり、排出事業者は産業廃棄物処分委託先を定期的に実地確認することが義務付けられていました。しかし、このたび4月1日より、この条例が一部改正されることになりました。

改正されるポイント

4月から改正されるのは「実地確認」「県外産業廃棄物の搬入の事前協議」の二点の義務項目。

実地確認

実地確認は、優良認定業者に産業廃棄物の運搬を委託する場合・または優良認定業者に産業廃棄物の処分を委託する場合、これが不要になります。

県外産業廃棄物の搬入の事前協議

事前協議については、優良認定業者に産業廃棄物の処分を委託する場合にこれが不要になります。

一部改正の背景

産業廃棄物の適正な処理を確保するためには、産業廃棄物処理業者を優良化していくことが必要であるとし、2011年の廃棄物処理法改正にて「優良業者認定制度」が設けられました。しかしこの制度がいまだ充分に浸透していない状況であることから、優良な処理業者を育成するため、静岡県では前述の条例上の義務を免除する改正を行い、優良認定業者の増加を図りたい考えです。

チューサイでは2012年3月に静岡県の産業廃棄物処分業、産業廃棄物収集運搬業、特別管理産業廃棄物収集運搬業優良認定を取得しております。今後も安心してチューサイにお任せください。