チューサイのお子様向け環境広報について

今年もさんぱい探偵団開催・チューサイのお子様向け環境広報について

9月は毎年の恒例イベントとなっている「ぼくらはさんぱい探偵団」がチューサイEP第二工場にて行われました。チューサイでは産業廃棄物排出事業者との取引が中心となっておりますが、お子様向けの工場見学イベントも行っております。今月はさんぱい探偵団イベントでの弊社の環境教育について特集します。

大人の視点・子供の視点

現在は「静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例」の一部改正により、優良認定業者のチューサイでは定期的な工場見学会はなくなりましたが、弊社の工場見学会は排出事業者、つまり大人の方向けの内容となっています。しかしさんぱい探偵団でのメインゲストは小学校の中~高学年のお子様方です。

大人向けの資料では少し難しい部分もあります。そして知りたい・興味がある内容もやはり違いがあります。排出事業者様では、排出した廃棄物をどのように処理しているか、処理を委託しても安心できる体制か、そういった部分が中心なのに対し、お子様はごみが何にリサイクルされているか、それ以上に身近なエコキャップ運動で回収してもらったキャップがそのあとどうなるのか、このあたりに興味があります。

子供向けの工夫・その意義

そこでさんぱい探偵団の見学会では、お子様でも分かり易いように工夫されたエコキャップ運動に関する資料をご用意いたしました。

エコキャップ資料

こちらは明るい色使いとイラストをふんだんに使用することによって、エコキャップ運動についてイメージがつかみやすいものとなっています。資料内の文章もお子様向けを意識しています。こうした資料を使うことで、お子様でも理解がしやすい物になっています。また、お子様に分かり易いと言う事は、私たち大人にとっても分かり易いものです。産廃に普段かかわりのない保護者の皆さまにも楽しくご理解いただけるものです。

実際、当日は工場内見学中にお子様から積極的に質問を受けたり、保護者の皆さまからも質問が多く寄せられ、また最後はとても温かい拍手を頂きました。

チューサイではこうした機会を頂き、弊社の環境・リサイクルに対する熱意や意義を見学会等を通じてお伝えしております。さんぱい探偵団に参加したことで、少しでも環境の事・リサイクルの事について興味を持ち、行動するお子様が増えれば、地球の環境問題の解決・リサイクル技術が向上していくかもしれません。今後もチューサイではリサイクルに興味を持って来てくれるお子様方のため、分かり易い見学会を開催してまいります。