安心して廃棄物をお任せいただける廃棄物処分業者であるために

ファイル 182-1.jpg

事業活動に伴い排出された廃棄物について、自らの責任において適正に処理しなければならないと定めた廃棄物処理法第3条は、廃棄物ご担当者様にとってはもはや常識であると思います。チューサイ・エコライフアシストでは「金額の安さではなく、ブランド力・信頼で勝負する」ことを常に念頭に置いて業務を行っています。今月は、チューサイグループの安心して処分を委託できる廃棄物事業者であるために取り組んでいる事について特集します。

チューサイグループでは、ハード面である「管理体制」とソフト面である「社員教育」の2つの点を徹底しています。

管理体制

まずは「管理体制」の例をご紹介します。お客様からお預かりした廃棄物を責任を持って処分・運搬するために、チューサイ・エコライフアシストの工場内には随所にカメラが取り付けられています。これは各事務所内にてリアルタイムで映像が確認できるようになっているだけでなく、24時間録画されています。また、お客様よりご希望があれば、録画された画像をご覧いただくことができます。

チューサイグループの徹底した管理体制は、現場だけではありません。お客様から廃棄物をお預かりした際には荷物に施錠し、処分場へ運搬する間の盗難や流出を予防しています。また、弊社にてリサイクル処分を行う場合も、工場に搬入された後はすぐ破砕処理を行います。細かく破砕することにより、廃棄物の形を変えて製品としての価値を無くし、盗難・流出を抑制しています。

社員教育

「社員教育」の面では、チューサイが認証を取得しているISO27001(ISMS・情報セキュリティマネジメントシステム)が挙げられます。チューサイでは平成15年にISMS認証を取得し、平成18年にISO27001へ移行しています。「しゃべらない・持ち出さない」という2つの原則をスタッフ全員が徹底し、お客様からお預かりした廃棄物を責任を持って処理しています。

安心してお任せ下さい

チューサイ・エコライフアシストでは、社内でこうした徹底した対策を自主的に行っており、安心して廃棄物をお任せいただける廃棄物処分業者を常に意識しております。ご不明な点等ございましたら、お気軽に担当営業までお気軽にお問い合わせください。