新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

チューサイグループ代表 渡辺和良より、新年のご挨拶をさせて頂きます。

チューサイグループ代表 渡辺和良

旧年中はチューサイグループ各社に格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

さて、昨年は産業廃棄物業界においては暗雲立ち込める一年のスタートとなりました。廃棄物の不正転売という、信頼をおいている処理業者がお客様を裏切る行為により、廃棄物処理業者への信頼は大きく低下してしまいました。しかしながら、廃棄物業界全体が廃棄物の適正処分について見直す良いきっかけになったのではないかと思います。排出事業者様は、信頼のおける業者に廃棄物処理を委託したいと考えており、私たちはそれに応える必要があります。安心・信頼して頂けるサービスを今後もご提供してまいります。

昨年、チューサイでは、本社移転を行いました。移転の際には、多くの方にお祝いを頂きまして、改めて感謝申し上げます。新本社は、社員の働きやすい環境、そして人と人とのコミュニケーションを大切にする場所になるように考えて設立を致しました。従来別々の場所にあった営業部・業務部の拠点を集約することで、お客様をお待たせしないサービスの提供を目指し、日々業務改善を推し進めております。その一環であり、また本社への拠点集約がきっかけとりなり、社員主導により「受注から48時間以内で回収」というプロジェクトも始まっています。活発になる社内に、私も背中を押されているような気がします。

本年度は、チューサイグループにとって節目の年、株式会社チューサイ設立40周年となります。設立当時は中部再生興業有限会社として、本当に小さなところからのスタートでした。40年経った今、振り返ってみますと、様々な苦労、そして喜びがあり、それらの経験が会社の糧となり今があると心から思えます。そして、今ここに40周年を迎えられるのは、地域のたくさんのお客様に支えられてきたからだと実感しています。
お客様と共に歩んでまいりましたこの40年を振り返り、社員一同感謝の気持ちを持って、ここからスタートする次の10年をまた邁進してまいります。
本年も、すべての皆様方が順風満帆でありますよう祈念させて頂き、新年のご挨拶とさせて頂きます。本年もよろしくお願い致します。

本年もまたよろしくお願い申し上げます。