PCB廃棄物の焼却・無害化処理方法とは?

株式会社太洋サービス様 外観と取材

PCB特措法により、PCB廃棄物及びPCB使用製品については、処理期限までに処分することが義務付けられています。 今回は、PCB廃棄物がどのように処理されているのか迫るべく、東海地域で初めて低濃度PCB廃棄物の焼却・無害化処理施設が新設された株式会社太洋サービス、常務取締役の鈴木裕司様にお伺いしました!

PCB(ポリ塩化ビフェニル)とは?

PCBは絶縁性や不燃性等の特性があり、変圧器コンデンサ等の電気機器の絶縁油として幅広い用途に使用されていました。なかでも、コプラナー(共平面状構造)PCBは毒性が極めて強くダイオキシン類の一つとされています。

平成24年にPCB特措法施行令の一部が改正され、PCB廃棄物を保管している事業者は、平成39年3月31日までに自ら処分するか、もしくは処分を他人に委託しなければなりません。

PCB廃棄物の種類

PCB廃棄物には、廃PCB等・PCB汚染物・PCB処理物があり、その中でも(高濃度)PCB廃棄物と低濃度PCB廃棄物に分けられます。

株式会社太洋サービス様の低濃度PCB廃棄物の無害化処理

平成28年3月30日付で環境大臣より、低濃度PCB廃棄物の無害化処理の認定を取得されました。当該無害化処理施設は、静岡県内における唯一の施設です。現状、月15t程のPCB廃棄物を受け入れています。

信頼性の高い分析により、適正な処理を実施

富士通クオリティ・ラボ・環境センター株式会社様の協力のもと、PCB濃度分析、廃棄物の性状分析などの専門業者による分析を行うことで、適正な処理を可能にしています。

富士通クオリティ・ラボ・環境センター株式会社様

処理フロー

固定床炉

焼却処理において、温度管理が非常に大切になります。廃棄物ごとに最適な温度・時間設定で処理が行えるよう、自動化されていました。そのため、少数のスタッフで効率的かつ安全に工場が運営されています。また、安全対策として管理室と現場の双方操作により、稼働することができないように制御されています。

固定床炉

機械のメンテナンスは、複数の専門業者に、違う目で毎月点検を委託しています。

会社概要
設立

昭和49年8月22日

本社

浜松市西区篠原町9254-2

篠原工場

浜松市西区篠原町26745-1

資本金

1,000万円

事業内容

廃棄物の受託処理

静岡県内トップクラス121許可品目を保有

環境省より、二酸化炭素排出抑制対策事業 採択

工場内は、屋外に荷物等がなく、屋内も整理整頓され、大変綺麗で広々としていました。 常務取締役の鈴木様から、工場の計画から開設まで、10年という長い年月をかけ、完成させたとお聞きしました。ただはやりに乗っかるのではなく、年月は掛かっても、どうすれば効率よく、適正かつ安全に処理が出来るのかを考えられており、その誠実な経営の仕方そのものに大変感動しました。また、PCB廃棄物の無害化処理認定を、約1年半という短い期間で取得されたとのこと、行政や国からもお墨付きの信頼のおける企業であることがよくわかりました