改正省エネ法対策と物流コスト削減のご提案

CO2はお金がかかる!

CO2をたくさん出すとお金がかかります。たとえば車を走らせる・・・1Lのガソリンでおよそ2.3kgのCO2が排出されます。CO2 2.3kg=ガソリン1L=144円。144円稼ぐのは大変だけど使うのは簡単。使わないのも簡単。バスや電車を利用するのが環境には優しいですよね。もちろん自転車・徒歩が一番です。

環境を考えるとベストがあります。しかし、環境にベストなことが私たちの生活にベストとは限りません。

ならば、間をとろう。買い物は遠くまで行かず近くのスーパーに。遠距離移動するなら車は最寄の駅まで。廃棄物は近くの処理業者に。

複雑に考えるとより複雑になってしまいます。簡単に考えよう。環境とお金のこと。

運輸部門は全体の約20%を占める。

↓

チューサイは御社の近くを毎日通る
地域シェアNo.1のリサイクル・廃棄物処理業者です。

2006年4月に施行された改正省エネ法などに見られるように、物流においての環境負荷削減は企業の社会的責任となっています。それは廃棄物の運搬においても同じことが言えます。廃棄物の処理はストレートに環境に関わることですが、その運搬から見直すことも必要かもしれません。

↓

チューサイでは改正省エネ法対策として廃棄物の物流について
物流コスト低減も含めお客様にご提案いたします。ぜひ一度ご連絡下さい!

お問い合わせはこちら!