ISO27001認証取得によるメリット

ISO27001認証取得によるメリット

情報化社会となった現代において、情報と言うものは人・物・金と同様に企業の大事な資産となっています。個人情報の漏洩等によるブランドイメージの低下は、企業にとってダメージの大きい問題となってきました。情報を活用し、漏洩のないように情報資産を守ることも企業にとって重要な課題となってきています。

そんな中誕生したのが「ISO27001」情報セキュリティマネジメントシステムです。2005年10月にISMSがISO27001となり、世界150ヶ国が加盟するISO(国際標準化機構)で標準化されたことで、国際的に有効性が認められ、国際的な信頼度が向上しました。

情報セキュリティマネジメントシステムとは、情報に関するセキュリティを管理するための仕組みです。情報資産の洗い出しから始まり、リスクの洗い出し、対策の検討実施、効果の確認、見直しのPDCAサイクルを回すことがISO27001の仕組みです。

ISO27001を取得することによるメリットを紹介します。

ISO27001取得のメリット

情報漏洩のリスク低減

最近では多くのマスコミで取り上げられるようになっている情報漏洩事件。企業イメージを一気に低下させ、情報管理の甘い企業としてのイメージを顧客へと植え付け、大きなダメージとなってしまいます。ISO27001を取得することで、顧客情報、機密情報などを適正管理し、情報漏えいを未然に防ぐことができます。

顧客の信頼性向上

ISO27001を取得している企業と言うことで、情報セキュリティのしっかりとしている企業だというイメージを顧客に与えることができます。また、競合他社との差別化を図ることができ、受注の際には強力な武器として顧客にアピールすることができます。

社員のセキュリティ意識の向上

社内教育を徹底させることにより、情報管理に対する意識を向上させることができます。また、一人ひとりの責任感が向上し、社員のモラルも向上します。

コンプライアンス

個人情報保護法などの情報セキュリティに関する法律が次々に施工されています。ISO27001の取得により、コンプライアンス(法令遵守)の意識が高まり、不祥事を防ぐことができます。

まとめ

排出事業者から排出される廃棄物には製品廃棄商品廃棄試作品廃棄など、廃棄されたこと事体が漏洩してはいけない情報となっていることもあります。もちろん、廃棄情報機器などに含まれるお客様の情報を取り扱う場面もあります。チューサイでは以前からそれらの情報に対する漏洩防止の意識を持ち、平成15年12月にISMSを認証取得いたしました。また、平成18年にはISO27001への移行審査も完了しています。

お客様の機密事項となる廃棄物に含まれるあらゆる情報を機密事項であると意識を持ち、お客様に安心して当社に処理を委託していただける今後も ISO27001に取り組んでいきます。

チューサイではいつでもご相談をお受けします。お気軽にご連絡ください。