サーマルリサイクル始動「RPF製造施設」導入

サーマルリサイクル始動「RPF製造施設」導入

チューサイでは、従来マテリアルリサイクルとしてプラスチックのペレット化リサイクルに取り組んできました。しかし、当社に搬入されてくるプラスチックを全てマテリアルリサイクルすることはできません。汚れのひどい物、複合材など、ペレット化リサイクルしても品質が著しく低下し、価値のない物になってしまう物もあるのが現状です。

しかし、”チューサイに搬入されてきた物はチューサイで処理する”ことが一番の理想とする形です。当社に搬入して、そこからまた外に出すと言うのは不安があるという、お客様の声もありました。

そんなお客様の声にこたえる為、当社ではサーマルリサイクルのRPF製造施設を導入しました。マテリアルリサイクルに不向きなプラスチック類及び紙類等をRPFへとリサイクルします。

以下に当社のRPF製造施設の流れをご紹介します。

チューサイのRPF製造の流れ

1.搬入

様々なプラスチック類が混入した廃プラスチックが入ってきます。

2.選別

サーマルリサイクルラインへと投入された廃プラスチックは選別ラインにてマテリアルリサイクル可能な物とそうでない物に選別されます。

3.破砕

マテリアルリサイクルに不向きなプラスチック類及び紙類等はそのまま破砕機に投入され粉々にされます。

4.造粒

粉々になった粉砕物は、ブロワーにより定量供給機に送られます。一定の投入量で造粒機に粉砕物を投入してRPFとして成形されます。

5.冷却

らせん状のラインで、冷却しながら送ります。冷却後フレコンバッグに投入されます。

6.出荷

フレコンバッグ一杯に詰められたRPFを出荷します。

まとめ

出荷されたRPFは、製紙工場のボイラー燃料や製鉄会社の高炉還元剤として使用されます。

冷却中のRPF

サーマルリサイクルのRPF製造施設導入により、アースプロテクションセンター工場内はゼロエミッションを達成しました。搬入された廃プラスチックを選別し、マテリアル・サーマルそれぞれのラインでリサイクルします。

マテリアル・サーマルリサイクル施設を完備することでアースプロテクションセンターは、プラスチックの総合リサイクル工場となりました。お客様から排出された多種多様な廃プラスチック類をリサイクルすることが可能になりました。また、リサイクル設備の増設により処理能力も増加しております。

多量の廃プラスチックの排出がある等、お困りのことがございましたらお気軽にご相談下さい。

廃棄物管理に関するご相談、見学のご要望などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい>>>