RPFへのリサイクル

RPFへのリサイクル

チューサイでは廃プラスチックをメインとしてリサイクル事業を行っています。お客様からのリサイクルの要望は日に日に高まっており、ペレット化によるマテリアルリサイクルが困難な廃プラスチック類でも、サーマルリサイクルを行えるように、昨年、RPF(固形燃料)製造施設を導入しました。

RPFとは、化石燃料の代替として製紙会社等のボイラー燃料として使用される、廃プラスチック類や紙類等から製造される高品質な固形燃料です。主に以下のような物をリサイクル原料として使用しています。

RPFの原料

廃プラスチック類

熱可塑性樹脂

材質可否主な用途
PE(ポリエチレン)フィルム・ポリ袋・ポリ容器・ポリドラム・プラスチックパレット・不織布・トレー・通箱・アルミ蒸着
PP(ポリプロピレン)結束用PPバンド・ポリ袋・プラパレット・不織布・トレー・通箱・アルミ蒸着
PS(ポリスチレン)家電・OA機器部品・トレー・発泡スチロール・アルミ蒸着
PET(ポリエチレンテレフタレート)PETボトル・カーペット・衣料品等
PC(ポリカーボネート)自動車・家電・OA機器部品・CD・DVD
ABS(アクリルブタジエンスチレン)自動車・家電・OA機器部品
ナイロン合成繊維
PMMA(アクリル)自動車部品・商品ケース・電灯傘
PVC(ポリ塩化ビニール)×塩ビ管・水道管・電力管・雨どい・リブパイプ・塩ビ製マス・マンホール
(ただし、マテリアルリサイクルは可能)

熱硬化性樹脂

主体原料名可否主な用途
ポリウレタンスポンジ・繊維製品・靴底等
FRP(不飽和ポリエステル・樹脂)×浴槽・ヘルメット・ボート・釣竿
フェノール樹脂×配電盤ボディー・ガラエポ基板

※アルミ蒸着、残さ付きの廃プラスチック類でもRPFへのリサイクルが可能です。

紙類

種類主な用途
特殊紙加工紙・ラミネート紙・紙製容器等・アルミ蒸着紙・捺染紙
粘着テープラベル・ステッカー・ガムテープ等
ロール状損紙切り落とし紙・フィルム類
平判損紙切り落とし紙・フィルム類

まとめ

多くの廃プラスチック類は、様々なものが雑多な状態で搬入されてきます。そのままRPF製造施設へと投入してリサイクルを行うことも可能ですが、中にはマテリアルリサイクルに適した廃プラスチック類も存在します。

チューサイではそれらを、マテリアルリサイクルに適したものとそうでないものへと人の目と手を使って選別しています。このような選別を行うことでリサイクルの品質がより高まり、環境負荷の低減にも繋がります。

また、RPF製造において金属の混入は厳禁となっています。チューサイのRPF製造施設では、磁選機・風力選別により金属選別が行われます。金属の混入のない、安全なRPFを製造し、販売先においても安心してお使い頂いております。

事業において様々な廃棄物が発生します。チューサイでリサイクル可能かもしれません。是非一度、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから。