機密書類の処分

機密書類の処分

3月の決算が終わり、保管期間が過ぎた書類を処分する時期になりました。前期の書類を保管する為にも、書庫のスペースを広げなくてはなりません。
書庫にしまってあった大量の書類。経理に関わる書類や顧客の情報が載っている物も多く、社外に漏洩してはいけない機密書類ばかりではないでしょうか。情報漏洩の問題もあり、そのまま捨ててしまうのは心配です。シュレッダーにかけるにしても大変手間のかかる作業となってしまいます。

チューサイでは、機密書類の処分を行っています。情報漏洩の心配のない、収集から処分までのトータルの処理で、お客様から安心してお任せ頂いています。

安心の機密書類処分をご紹介

収集から処分まで自社一貫の処理収集から処分まで自社一貫の処理

チューサイの運搬車両にて回収し自社工場へ搬入、工場外へ出すことなく処理を完了します。収集から処分まで自社一貫の処理で、情報漏洩のない適正な処理を行っています。

サーマルリサイクル施設によるRPF製造処理

回収した機密書類はサーマルリサイクル施設であるRPF製造施設により、RPFと呼ばれる固形燃料へとリサイクルされます。機密書類の原型を留めることのないリサイクル処理で、処理後の情報漏洩の危険は完全になくなります。

安心のISO27001認証取得

チューサイでは情報セキュリティマネジメントシステムである、ISO27001を認証取得しています。お客様から排出される機密書類はもとより、様々な廃棄物の持つ情報を漏洩することなく処理しています。

まとめ

情報漏洩の問題は、現代ではどのような企業でも取り沙汰される問題です。自社の情報だけでなく、顧客から得た様々な情報は絶対に漏洩させてはいけません。自社の情報資産、顧客からの信頼を守るためにも、機密書類の処分は情報漏洩のないように、適正に行っていかなければなりません。

機密書類の処分をお考えでしたら、お気軽にチューサイまでご相談下さい。

お問い合わせはこちらから。