廃食用油(てんぷら油)のBDFへのリサイクル

廃食用油(てんぷら油)のBDFへのリサイクル

BDF(バイオディーゼル燃料)とは、軽油の替わりとなるディーゼル燃料です。石油由来の軽油に対し、 BDFは植物由来のエネルギーです。てんぷら油などの植物性の食用油(てんぷら油)をBDFにリサイクルし、それをディーゼル車に使用します。BDFで走るディーゼル車からはもちろん二酸化炭素は排出されますが、このとき排出される二酸化炭素は菜種や大豆が吸収した二酸化炭素であると考えられ、二酸化炭素のゼロカウントとなり規制の対象にはなりません(カーボンニュートラル)。軽油を使うより断然エコロジーなBDFは、今最も注目されているエネルギーの一つです。

BDFのメリット

廃食用油の売却によるコスト削減

廃食用油(てんぷら油)はBDFとなるため、価値のある商品として買い取られます。廃棄物として処分するのに比べコスト削減となります。

リサイクルすることで地球環境にやさしい

廃食用油(てんぷら油)を廃棄物として処分するのではなくBDFにリサイクルすることで、地球環境に優しく、CO2の削減にもなります。

カーボンニュートラルで地球環境にやさしい

植物性である廃食用油の原料となる大豆や菜種等が育つ過程でCO2が吸収されます。その為、ディーゼル車に使用して発生したCO2は吸収された CO2と相殺されることとなり、CO2の発生はゼロとなります(カーボンニュートラル)。化石燃料を一切使わないという点からも地球環境にやさしいと考えられます。
また、車両からの黒煙の発生も軽油の3分の1。小児ぜんそく・アトピーなど原因と言われている硫黄酸化物もほとんど含みません。

まとめ

チューサイグループの株式会社エコライフアシストでは、廃食用油(てんぷら油)をBDFへとリサイクルする環境事業に取り組んでいます。工場や飲食店等から排出される廃食用油を回収し、BDFへとリサイクルしています。そして、お客様から排出される一般廃棄物の回収を行う自社車両に軽油の代替燃料として使用しています。
廃食用油のBDFへのリサイクルにご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。