蛍光灯・乾電池のリサイクル

管理型最終処分場のご紹介

任せて安心!完全リサイクル!少量の回収もOK!

微量とはいえ、有害物質である水銀や重金属を含む蛍光灯や乾電池。大量に出る物ではないけれど、必ず出てしまう廃棄物です。適正に処分をしなければ環境汚染に繋がってしまいます。処分にお困りの会社様も多いのではないでしょうか。 チューサイでは、蛍光管・乾電池のリサイクルをご提案しています。お客様から排出される蛍光灯・乾電池を回収し、完全リサイクル業者であるJFE環境へ運搬し、100%リサイクルしています。ゼロエミッションを目標に掲げている企業様も安心してお任せください。

乾電池

乾電池で水銀を含むものは、無害化処理をされます。しかし、現在日本で製造されているもので水銀を含む乾電池はありませんので、環境に大きな影響を与えるものではありません。しかし、資源の有効利用の視点から乾電池のリサイクルが促進されています。特にレアメタルと呼ばれる希少金属は、現在のハイテク製品を作るのにかかせないため、リサイクルの必要性は高くなっています。

蛍光灯

蛍光灯には様々な形状があります。従来はその形状に合わせてのリサイクルは難しかったのですが、現在ではあらゆる形状の蛍光灯のリサイクルが可能となっています。蛍光灯は「水銀」「蛍光粉」「ガラス」「電極部」など複数の素材で作られています。最先端のリサイクル技術ではそれら全てをリサイクルすることができます。環境汚染の原因となる有害物質である水銀も完全に回収しリサイクルすることができますので、安全で環境汚染の心配はありません。

積替保管の許可を取得

従来、弊社の都合に合わせて毎月1回、巡回回収を行いJFE環境まで運搬していました。しかし、2009年8月、積替保管の許可を静岡県にて取得し、都度回収を行うことが可能になりました。お客様にて集積された蛍光灯・乾電池を、お客様の都合に合わせて回収することが可能です。ご連絡頂ければその時点、または他の廃棄物の回収に伺った時に一緒に回収します。

種類蛍光管乾電池
-普通型飛散防止型水銀灯普通乾電池再充電電池
運搬・回収方法ドラム缶ペール缶
回収範囲静岡県内の西部・中部・東部
収集運搬費ドラム缶 10,000円/本~ペール缶 4,000円/本~
処分費概算300円/kg400円/kg500円/kg300円/kg500円/kg
1缶あたりの投入本数ドラム缶1本あたり約200本-
  • ドラム缶、ペール缶は当社で用意しますが、自社の不要品をお使いいただいても構いません。
  • 回収予定前にドラム缶等の空き容器が足りなくなってしまった場合、先に容器をお届けすることも可能です。
  • 上記以外の特殊電球、バッテリー等のご不明な点は、詳しくは直接当社までお問合せください。

蛍光灯・乾電池リサイクルフロー

蛍光灯・乾電池処理のフロー図