インフォメーション

今年も十分気を付けたい熱中症 最新の予防グッズとは?

いよいよ夏も本番!今年も十分気を付けたい熱中症 最新の予防グッズとは?

いよいよ7月。梅雨が明けたら本格的な夏を迎えます。気象庁の発表によりますと、今年は7月が「平均並みか低め」、8月は「平均並み」の気温になるだろう、といういささかほっとする長期予報となっています。しかし5月の記録的な暑さ・近年の猛暑を考えると、やっぱり今年も猛暑になるのではないかと、対策に頭を抱えている事業者様も多いのではないでしょうか。

暑い時期の現場作業で一番心配なのが「熱中症」です。対策を怠れば死に至ることもある非常に怖いものです。

熱中症の基本的な対策

対策としては「水分をこまめに取る」ことが挙げられますが、塩分(ナトリウム)も同時に適量摂取しなければ逆効果です。汗と一緒にナトリウムも排出されているため、水のみ摂取すると濃度が薄くなり、余分な水分を排出してしまい悪循環です。

飲むものは水ではなくスポーツドリンク類の方がナトリウムも含まれているので効果的です。しかしスポーツドリンク類は糖分も含まれているので飲みすぎには注意が必要です。市販されている塩の飴もぜひ活用しましょう。

最新の熱中症対策グッズ

熱中症対策グッズとして、最近注目が集まっている「ウェアラブル端末」があります。

最近発売されて話題となった「Apple Watch(アップルウォッチ)」は記憶に新しいところです。腕時計の形をしたスマートフォンといえそうな外観の一品です。こうした、身に付ける情報端末を「ウェアラブル端末」といいます。もちろん腕時計型だけでなく、メガネ型・グローブ型・リストバンド型など、多種多様です。近年の技術革新により、映画や物語の中だけのものだったこうしたウェアラブル端末が身近になってきています。

富士通様では、熱中症対策用に腕時計型のウェアラブル端末を開発されたそうです。この端末には周囲の気温や装着者の体温を測定するセンサーがあり、これらのデータを管理して熱中症を防ぐものです。

測定しているデータから熱中症の危険が高まると事務所等で注意喚起が表示され、適切なタイミングで休憩・水分塩分の補給ができるようです。また、万が一倒れた可能性がある場合もすぐ端末が感知して知らせる機能もあり、より安全性が高まります。開発元の富士通様は実証実験を経て、年末からの販売を目標にされています。

これら様々な機能を持ったウェアラブル端末は、未来の生活や業務も大きく変える可能性を秘めています。職場の夏の熱中症対策に、こうした最新技術を取り入れてより効果的に予防してみるのも有効かもしれませんね。

廃酸・廃アルカリ対応の 中和処理施設

チューサイの新しいリサイクル 廃酸・廃アルカリ対応の中和処理施設

先月の特集でもお知らせしましたが、チューサイ・EP第二工場に新しく中和施設を導入し、稼働が開始しました。そこで今月は「中和施設」について特集します。

排水基準と中和処理

日本では水質汚濁防止法により、様々な項目について排水基準が定められています。その基準項目の一つとして「水素イオン濃度(pH)」があります。

排水可能なpHは前述法により、5.8~8.6と定められています。これを満たさない廃酸や廃アルカリは「中和」処理を行うことが必要となります。

チューサイの中和処理施設

チューサイの中和処理施設

種類

チューサイの中和施設は「回分式」による中和を行っています。回分式は、廃酸または廃アルカリを中和槽に入れ中和して処理後槽へ移し、次の廃液を中和槽に入れ中和していく、という形式です。一回ごとに中和を行っていくイメージです。

逆に「連続式」もありますが、こちらは中和を連続して行う形のものです。中和する廃液が一定のものであればこちらも使えますが、チューサイでは廃棄物の処理で搬入される廃液が一定とならないため、回分式を採用しています。

能力

チューサイの中和施設は以下の処理能力を有しています。

  • 廃酸……45.00t/日
  • 廃アルカリ……40.68t/日

中和後の最終処分例

チューサイでは中和後、次のような最終処分を行っています。

メタン発酵

メタンガスを生成し、それを燃焼させることで発電を行います。

肥料化

チューサイグループのエコライフアシスト高柳RCにて、有機汚泥や残さと共に良質な肥料の原料となります。

燃料化

スラリー状のセメント原燃料として再生リサイクルします。高カロリーのものは石炭・石油の代替燃料として、低カロリーのものはセメント原料と粘土の代替としてリサイクルされます。

焼却

単純な焼却ではなく、焼却する際の排熱や上記を利用し、発電や蒸留水の精製を行います。

チューサイの新しいリサイクル処理にご期待下さい。

4月1日改正フロン類法施行される 管理者に課せられる義務

4月1日改正フロン類法施行される 管理者に課せられる義務

日本ではフロン回収破壊法により、代替フロンの使用後については回収が義務付けられています。しかし、近年廃棄時だけでなく使用時の漏洩が指摘され、機器の管理も大きな問題となっていました。こうした点を背景に、4月1日より改正フロン類法が施行されることになりました。

廃棄時以外も対策徹底

今回の法改正により、第一種特定製品の管理者にも規制がかかるようになりました。

第一種特定製品
  • フロン類が充填された業務用エアコン
  • 業務用冷蔵庫や冷凍庫
    …(冷蔵・冷凍車、自動販売機を含む)

管理者は原則として該当する製品の所有権を有する企業・法人が該当します。改正前と同様に廃棄時に適正な処理を依頼する義務に、改正後は機器の使用時にもフロン類の漏洩を防止する取り組みを行うことが追加されました。

管理者の取り組み

機器使用時におけるフロン類の漏洩防止対策

  1. 機器の設置環境・使用環境の維持保全
    機器が損傷しないような場所に設置したり、損傷対策を講じましょう。
  2. 簡易点検・定期点検
    四半期に一回以上、冷蔵機器や冷凍機器の庫内温度・製品からの異音・配管も含んだ製品外観の簡易的な検査を実施します。また、圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7.5kW以上の機器にはさらに定期点検として、機器管理について十分な知見を持つ者による専門的な漏洩検査を実施する必要があります。
  3. フロン類の漏洩時の措置
    点検等で故障・漏洩が確認された場合は修理が完了するまで原則としてフロン類の充填禁止となります。
  4. 点検・整備の記録作成・保存
    管理する機器について、点検・修理の実施状況や充填・回収したフロン類の種類・量等を記録し、機器の廃棄時まで保管する必要があります。

フロン類漏洩量の算定・報告・公表

フロン類の年間漏洩量が二酸化炭素換算量で1,000トン以上になる機器の管理者は、フロン類の漏洩量等を国に報告することが義務付けられました。また、環境省・経済産業省が集計して事業者名等と共に公表します。

フロン類の充填及び回収の委託義務

第一種特定製品を整備する場合、フロン類の充填・回収する必要があるときには第一種フロン類充填回収業者に委託する必要があります。

改正フロン類法について詳細は環境省HPも合わせてご確認ください。

改めて知りたい・優良認定業者とはどんな業者?

改めて知りたい・優良認定業者とはどんな業者?

今月から静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例の一部改正が施行されました。今月は「優良認定業者の特徴」について、改めてご紹介したいと思います。

優良認定業者・5つの条件

優良認定業者とは、次の5項目を全て満たしている業者です。

1・実績と遵法性

5年以上の産業廃棄物処理業実績があり、廃棄物処理法に基づく改善命令等の不利益処分を受けていない。

2・事業の透明性

取得した許可の内容や産業廃棄物の処理状況、施設の維持管理状況など、一定の情報についてインターネットで一定期間以上公表している。

3・環境配慮の取り組み

ISO14001やエコアクション21等の認証を取得しており、環境に配慮して事業を行っている。

4・電子マニフェスト

電子マニフェストシステム(JWNET)に加入しており、電子マニフェストが利用できる。

5・財務体質の健全性

直前3事業年度のうち、いずれかの事業年度で自己資本比率が10%以上であり、法人税等を滞納していないなど、財務体質が健全である。

以上の5項目を全て満たしている業者だけが「優良認定」を受けることができます。

優良認定業者のメリット

先月の特集でもご溶解しましたが、「静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例」で義務付けられている「実地確認・県外産業廃棄物の搬入の事前協議」が、優良認定業者であれば免除されます。

「現地確認」を行わなくても大丈夫か不安に感じるご担当者様も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし優良認定を受けた業者は長年各種法令を遵守しており、環境に配慮した事業を続け、財務状況もきちんとしており、安定した基盤と骨格を持っています。

廃棄物は優良認定業者の一社であるチューサイに安心してお任せください!

静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例の改正

優良認定業者増加へ・静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例の改正

静岡県では産業廃棄物の適正な処理に関する条例があり、排出事業者は産業廃棄物処分委託先を定期的に実地確認することが義務付けられていました。しかし、このたび4月1日より、この条例が一部改正されることになりました。

改正されるポイント

4月から改正されるのは「実地確認」「県外産業廃棄物の搬入の事前協議」の二点の義務項目。

実地確認

実地確認は、優良認定業者に産業廃棄物の運搬を委託する場合・または優良認定業者に産業廃棄物の処分を委託する場合、これが不要になります。

県外産業廃棄物の搬入の事前協議

事前協議については、優良認定業者に産業廃棄物の処分を委託する場合にこれが不要になります。

一部改正の背景

産業廃棄物の適正な処理を確保するためには、産業廃棄物処理業者を優良化していくことが必要であるとし、2011年の廃棄物処理法改正にて「優良業者認定制度」が設けられました。しかしこの制度がいまだ充分に浸透していない状況であることから、優良な処理業者を育成するため、静岡県では前述の条例上の義務を免除する改正を行い、優良認定業者の増加を図りたい考えです。

チューサイでは2012年3月に静岡県の産業廃棄物処分業、産業廃棄物収集運搬業、特別管理産業廃棄物収集運搬業優良認定を取得しております。今後も安心してチューサイにお任せください。

ご家庭の不用品・粗大ごみ、安心価格でまるっと回収!

困ってませんか?ご家庭の不用品・粗大ごみ、安心価格でまるっと回収!

チューサイグループの一社・エコライフアシストではこの度、一般家庭の不用品回収サービス「うっちゃるら藤枝店」をスタートさせました。静岡の方言で「うっちゃる」とは「捨てる」といった意味です。

「うっちゃるら」は静岡県内で事業を広めていくにあたり、静岡市清水区の株式会社エー・シー・ピー商事様と業務提携して当事業を広めていく予定です。

今回の特集では、うっちゃるらについてお伝えします。

うっちゃるらの特徴

うっちゃるらは一般のお客様向けに、分かりやすい料金体系を打ち出しているのが大きな特徴です。うっちゃるらHPに回収する品目等のわかりやすい目安が掲載されており、見積もり前からでも金額の検討が付き、安心できます。

また、部屋に大量に溜まってしまった不用品についても、税抜価格1万4000円からのお得なパック料金もあるので便利です。パック料金では、回収車両に載せることができればどれだけ載せても料金は変わらないので、不用品の量が多い方に好評です。

ご家庭のごみでお困りならうっちゃるらへ!

ご家庭で捨て方が分からずずっと眠っている不用品、一人では動かせなくて困っている不用品、とにかくすぐに片付けたい不用品、そんな困ったごみが自宅にありませんか?ご家庭の不用品・粗大ごみでお困りならぜひうっちゃるらへご相談ください。

軽自動車・原付等の自動車税が4月から変更!

税率変更!軽自動車・原付等の自動車税が4月から変更!

皆さんは車を持っていますか?自動車を所有していると自動車税を毎年納める必要があります。税率が安く重宝されている軽自動車ですが、税率が平成27年4月から変更が予定されています。

変更される車種の対象は?

四輪・三輪の軽自動車での変更対象は、平成27年4月1日以降に「最初の新規検査(今まで車両番号指定を受けたことのない軽自動車を新しく使用する際に受ける検査)を受けた車両」です。

また、原付自動車・二輪・小型特殊自動車についても税率が変更されます。こちらは登録されている対象の車種全てに平成27年度から新税率が適用となります。

変更される税率

主な車両の税率については下の表を参照ください。

主な車両の税率(年額)
車種・車種区分 旧税率 新税率
四輪以上の軽乗用自動車(自家用) 7,200円 10,800円
四輪以上の軽乗用自動車(営業用) 5,500円 6,900円
四輪以上の軽貨物自動車(営業用) 3,000円 3,800円
原付(50cc以下) 1,000円 2,000円
原付(50cc以上90cc以下) 1,200円 2,000円
原付(90cc以上125cc以下) 1,600円 2,400円

自家用の四輪軽自動車を見ると、これまで7,200円だったものが1万800円と、3,600円アップとなり、5割分高くなっています。普通車に比べればまだ半額以下ではありますが、家計に多少なりとも負担になるのは避けられないでしょう。

原付等については登録済みの車両すべてが対象なので、ぜひ一度車庫や駐輪場を確認し、まったく乗っていない車両があるようなら売却や廃車して賢く増税に備えましょう。また、出来る限り自家用車に頼らず、公共交通機関を使えば納税もなく、さらにエコロジーですね。

宇宙のごみ問題 増え続けるも対策がないスペースデブリ

宇宙のごみ問題 増え続けるも対策がないスペースデブリ

先月は皆既月食でした。今月は空に目を向けて、地球を取り巻く「スペースデブリ」についてご紹介します。

スペースデブリとは?

スペースデブリとは地球の周りをまわっている人工の物体・いうなれば「宇宙のごみ」です。実は今このスペースデブリがにわかに問題になろうとしています。

スペースデブリの生まれるところ

スペースデブリの原因は、人工衛星等から切り離された部品・はがれた塗料・破片等です。たとえば国際宇宙ステーションは地上約400kmを時速約2万7,700kmで飛行しています。

スペースデブリも同様のスピードで飛んでおり、運動エネルギーは速度の2乗に比例するので、直径10cm程度のごみがぶつかれば完全に破壊され、5~10mmであっても弾丸レベルの損害となってしまいます。

スペースデブリの量と対策

現在スペースデブリは増え続けており、1cm以下のものでは数百万個と推測されています。しかしスペースデブリを回収・処理する方法は現在まったく目途が立っていません。このまま増え続ければロケットを飛ばすことができなくなり、人類の宇宙進出が不可能になるという説もあります。

一般人がスペースデブリに対して出来る対策はまずありませんが、回収方法が確立された場合は「宇宙清掃業」といった業種が登場するかもしれませんね。

チューサイの会社訪問!【株式会社ACフューエル】様

チューサイの会社訪問!第一回・株式会社ACフューエル様

こんにちは!チューサイのウンノです!
今日は株式会社ACフューエル様にお邪魔しています。御社ではどういった事業をされていらっしゃいますか?

こんにちは、吉田町で中間処分業を行っている株式会社ACフューエルです。わが社では木くずを中間処分(破砕・チップ化)し、製紙原料や燃料にリサイクルしています。今は原料化が全体の6割程度ですが、今後もう少し増やしたいと考えてますね。

最近の木くず業界の動向はいかがですか?

県内でボイラー立ち上げという話も聞いています。そうなると木くず周辺の物流も変化したり、需要アップで単価も上がるかもしれません。弊社のお客様に還元も出来るのではないかと前向きにとらえています。

嬉しい話ですね!それでは、業務に当たって何か気を付けている点等はありますか?

木くずは可燃物なので、火災には特に気を付けて操業しています。火事になっては排出元のお客様にご迷惑をお掛けしてしまいますからね。
他には破砕機トラブル対策として、事前の選別や投入順序を工夫して、詰まったりしないように工夫しています。

現在受け入れにはどれぐらい余裕があるのでしょう?

最大処理量に対してだと、今はまだ50%程度なんですよ。受入量にはまだまだ十分余裕があります。チューサイさんからも多く搬入させてもらってますけれど、まだ余裕なのでもっと運んできてもらいたいぐらいですよ。木くずの中間処分なら任せて下さいね!

インタビューさせて頂いてありがとうございました!
今回は株式会社ACフューエル様にお邪魔しました!

今回のフォトギャラリー

フォトギャラリー

株式会社ACフューエル
〒421-0302 静岡県榛原郡吉田町川尻4036-6

ハザードマップで災害対策!事業所は「帰宅難民」対策も!

防災対策を見直す9月・ハザードマップで災害対策!事業所は「帰宅難民」対策も!

毎年9月1日は「防災の日」です。この日は、1923年(大正12年)に神奈川県相模湾沖を震源として発生した関東大震災にちなんで、1960年に制定されました。日本は地震をはじめとして台風や大雨、津波、竜巻、豪雪等、様々な自然災害が多い国でもあります。今月は防災に関するちょっとした特集をお送りします。

ハザードマップ

防災対策の参考に出来る資料の一つに「ハザードマップ」があります。ハザードマップとは、各種自然災害発生時の被害やその度合い等と、被害が予想される範囲を地図の上に重ねて表示したものです。たとえば、富士市が公表している「富士山火山防災マップ」では、火口ができる可能性のある範囲や、火砕流が発生した場合に高温のガスが高速で届く範囲等が地図上に色分けされて掲載されており、とてもわかりやすいです。

ハザードマップは作成していない自治体もあります。国土交通省のハザードマップポータルサイトでは、全国自治体が発表・公表しているハザードマップへのリンク集を公開しています。災害の種類別に調べることができ、インターネットで公表している場合はクリック一つで該当ページにジャンプできます。事業所が全国各地にある企業の方も使いやすいコンテンツですね。

帰宅難民・帰宅困難者対策

2011年の新語・流行語大賞トップテンに選出された「帰宅難民」という言葉を覚えている方は、当時のニュース映像も記憶に残っているかもしれません。帰宅難民または帰宅困難者とは、勤務先や外出先などで地震や台風といった自然災害によって自宅へ帰ることが難しくなった方を指す言葉です。東日本大震災が発生した時に、首都圏・関東地方では交通機関がストップして約10万人もの帰宅困難者が発生しました。

帰宅困難者の抱える問題は、単に数十キロを歩かなければならないというだけのものではありません。中央防災会議の調査会が行った帰宅困難者の帰宅行動シミュレーションでは、東京湾北部地震が発生した場合、東京都心部や火災延焼部を中心に、一平方メートルに6人もの人がいる状況が発生するという結果がでたそうです。この混雑度はラッシュアワー時の満員電車に近く、群衆なだれが発生する可能性のある状態です。この状態で長時間移動しなければならないこと、緊急車両が通過できないことを想定すると、帰宅困難者対策も重要であることがわかります。

こうした事態が発生した場合、「むやみに移動を開始しない事」が大切です。家族や自宅の無事が確認できた従業員は一定期間事業所にとどまらせられるよう、事業所の対策が求められています。首都圏に勤務している方も多い埼玉県HPでは、企業には食糧や水、災害時用トイレ等の備蓄を進める、災害発生時にどう行動するか等の行動ルールを明確化するといった対策を求めています。静岡県内でも東海地震発生時には多くの帰宅困難者が発生する可能性があります。埼玉県HPでは徒歩帰宅のための7か条も掲載されています。防災担当者の皆さんはぜひこちらもご覧ください。

最後に

年に一度は防災対策を見直し、日頃から不安な点を見つけて適切な対策を講じておくことが重要です。リスクをつぶして災害にも強い企業を目指しましょう。

分類一覧

ログ検索

検索フォーム
キーワード